Column

  1. ホーム
  2. コラム
  3. ん?何かが変わった…? ルイ ・ヴィトン トゥルーストワレットのジッパーを正規店でリペアしました。

ん?何かが変わった…? ルイ ・ヴィトン トゥルーストワレットのジッパーを正規店でリペアしました。

ルイ・ヴィトンのモノグラム トゥルーストワレット23 (型番M47524)のジッパー部分が破れたので、正規の直営店に修理依頼しました。

大阪府茨木市のブランド品リサイクルショップ、「KOJIYA(こうじや)」です。(楽天サイトはこちら

ルイ・ヴィトンのトゥルーストワレット23。化粧ポーチとして、おでかけの時のお供にピッタリの一品ですね。

こちら、当店にやって来たアイテムです。

中を見てみてると、おや、見覚えのあるこの素材は…

以前に内張りの張り替えリペア記事を書いたバケツ(バケットGM)と似てますね。温度や湿度でべたつきが出ることがある、あの素材に…(リペアと修理費用の記事はこちら)。

でも、このトゥルーストワレットの素材、バケツとよく似ているのですが、違うもの。べたつきが出ないように改良したと思われる素材です。実は、バケツと同じ素材を使ったトゥルーストワレットも一定期間、作られていたようで紛らわしいのですが…。

本品は、べたつき無しのアイテム。ですが、ファスナー、ジッパー部分の布が破れていました。

きっとこのトゥルーストワレット、たくさんのシーンでお供し、愛用されてきたのでしょうね。

ルイ・ヴィトンの直営店に修理依頼しました。

そして、戻ってきたのがこちら。

ビフォーアフターで比べます。

新品に付け替えらえています。

何か、印象が違いますね…。

皆さん、お分かりでしょうか。

ジッパーの歯のデザインが、変化していますね。古い方のデザインは、ちょっと可愛い感じ。手塚治虫の漫画で、上から落ちてくるずっこけキャラの〝あれ〟に似た形。(「ひょうたんつぎ」という名前とか)

今のデザインはスマートになっていますね。どちらが好みかは、人それぞれでしょうか。

さて、気になる修理費は…

●ファスナー、ジッパー部分の交換 23,870円(消費税込み)  (2021年9月現在の修理費です)

でした。

※正規店以外で修理をした場合、中古市場では本物として取扱いできません。当店では、ご相談があった場合は直営店での修理をお勧めしております。

今回も、新品の保存袋が付いてきましたよ。

さて、当店「KOJIYA(こうじや)」では、ルイ・ヴィトンをはじめブランド品、腕時計、アクセサリー、貴金属類などを積極的に高価買取中です。便利な宅配買取も実施しております。ご不明点があれば、お気軽にお問い合わせください。

ルイ・ヴィトンの、他のアイテムの修理履歴がこちらにもあります。ぜひご覧ください。

↓ボタンをクリックしてください。